子供の将来を左右する命名の注意点ってあるの?

音や響きで決めるケース多し

世間一般に広まっているキラキラネームの多くは名前の音や響きに拘っているケースが殆どで、呼びやすい・格好イイ・可愛いなどの響きを優先してから当てるように漢字を入れる方法が主流になります。後で漢字を当てた際の注意点は子供が習わないような漢字は避ける方が良い点で、いつまでも自分の名前が漢字で書けないと自信を失う子もおり、出来るだけ小学校で習う漢字でまとめると良いでしょう。自分の名前が教科書に出ると子供心に嬉しかったりしますよ。

画数が良い名前を選ぶ?

音や響きで名前を選んだ後の当てる漢字に良い画数がないと悩んでいませんか?画数の善し悪しは参考にする書籍やサイトによって違ったりして迷っているケースも良く聞く話ですよね。画数の善し悪しはそれぞれの占いの方法が違っていたり解釈が違っているので、選ぶのに迷ったら良い事が書いてある物を選んで採用すると良いでしょう。小学生になると二分の一成人式などで自分の名前に由来を発表する機会があり、子供が納得する由来を考える方が重要です。

バランスが大事です!

名前ばかりに目が行きがちですが、苗字とのバランスも重要で苗字が重厚であったり、高貴なイメージであったりするとキラキラネームではバランスが悪くなってしまう可能性がありますので注意します。女の子は苗字が変わる可能性が高いですが、ある苗字に変わると可哀想(マリならオダ・サトならサトウ・サチならウスイなど)なケースがあるので考慮する必要があります。また漢字にすると苗字の最後が山で名前の最初が朋だと崩の漢字になり、相性が良くないケースもあるので多角的に書き出してみると良いでしょう。

姓名判断というのは古今東西、流行っていものです。自分の苗字と名前の組み合わせや画数で占う、占いの一種です。