ハイサイ!うちなーのおすすめ旅情報(初心者向け)

レンタカー出来ない方へのプラン(日帰りor1泊)

沖縄といえば青い海!豊富な自然!でも車がないと遠出しにくいのが現実の車社会の島国なのです。免許がないなど、レンタカーできない方には、バスやモノレールといった手段での移動ですが、なんと那覇からフェリーで移動して楽しめるビーチもありますよ!渡嘉敷島はビーチもあるし、バーベキューもできます。また、那覇市内の首里には首里城などの有名建造物がたくさんあります。こちらはモノレールで移動できるので大変おすすめです。沖縄そばを食べて満足な旅行にできますね!

レンタカーできる方は・・・?(1泊2日以上)

南部の方へ出かけてみましょう!戦争の歴史の残る土地、沖縄ならではの観光スポットがあります。巨大な鍾乳洞、文化体験施設や大自然のサトウキビ畑や国道を囲む広い海、絶壁の岬でドライブツアーができますよ。また、沖縄ではヒージャーと言って、ヤギの肉や出汁にして煮込んだ汁も郷土料理として地元の方に愛されています。ヤギ料理もたくさんあるのでぜひ冒険し見てはいかがでしょうか。はじめての方はヨモギをたくさん入れて召し上がるのをおすすめします。ちょっとにおいは強めです。

時間があってレンタカーできる方!(2泊3日以上)

時間に余裕がある方には離島を….とおすすめしたいところですが、まず本島から楽しんでいただきたいというのが本心です。なぜ本島を、というと沖縄の風土は離島に行くにつれて濃ゆくなっていくからです。リゾート気分を楽しみたいだけ!というのでしたら、リゾートホテルなどたくさんありますのでピンポイントに選ばれて結構だと思いますが、ちょっとした冒険心がある方は、肩慣らしに本島から制覇していくのがおすすめです。まず、沖縄は1日あればぐるりと一周できてしまえる小さな島です。途中で観光をしながら進めば2泊3日ぐらいにはなります。北部にも絶壁の岬スポットやハイキング、ホエールウォッチングができる場所があります。ゲストハウスのような格安の宿もありますので、ドライブした先で利用できるのではないでしょうか。

沖縄旅行を格安に行くには、昔は格安のツアーが出るまでチェックしていたが、今はLCCの出現で飛行機とホテルと別々に個人手配するほうが安くなる場合が多いです、後はタイミングです。

知らないと損をします!中古車の賢い選び方

事故歴はとても重要です

中古車で一番気を付けたいのは事故歴ですよね。少しぶつけたり擦ったりした程度は見逃しても構いませんが、事故歴は見逃すと後悔します。大手のオークション会場や中古車屋は開示義務を売りにしていますので信用できますが、ネットオークションや個人経営の中古車屋には気を付ける必要があります。購入前に必ず確認をして記録を付けておきましょう。後に隠していた事故歴が分かれば、優位に話をする事ができます。見た目が大丈夫でもフレームに歪みがあれば危険ですから、信用できそうなところで中古車はなるべく購入する様にしましょう。

なるべく禁煙車を選びましょう

禁煙車を選ぶメリットはエアコンのダクト内が清潔という事が上げられます。エアコンのダクト内は禁煙所でもカビや細菌の温床になりますので、たばこのタールまで加われば大変な事になります。実際に車のエアコンで体調が悪くなる事例は後を絶ちません。カビや細菌であれば市販のスプレーで清掃できますが、たばこのタールになりますと専門業者に依頼する必要があります。意外と高くつきますので、なるべく禁煙車を選ぶ様にしましょう。

タイミングチェーンの車は安心です

中古車を選ぶ時、走行距離も参考にしますよね。国産車のタイミングベルトの推奨交換時期は10万キロです。9万キロの中古車より11万キロの中古車の方が人気のあるケースがあります。それは、タイミングベルトを交換した後だからです。タイミングベルトは万が一切れてしまうとエンジンが壊れてしまいます。その点、タイミングチェーンは切れる心配も無ければ、交換する必要もありません。車種は限られえてきますが、タイミングチェーンの方が経済的と言えます。

ボルボを中古車で探すなら、ネットで老舗の取り扱い店を検索すると良質な良い状態の車に出会うことが出来ます。

中古の玩具を安くお得な値段で買うコツとは

学校などのバザーで買う

中古のおもちゃを安く買いたい人にはお店で買う以外にもいろいろな場所を探すことです。まず格安で買える機会が多いのは学校のPTAなどが開催するバザーです。こういったバザーはチャリティー目的であり、利益を出すためにやっていることはまず無いので、どんなおもちゃでも格安に値段が付けられています。こういった場所ならば子どもが使ったようなものから、押入の奥にあったような意外な掘り出し物が見つかる可能性があります。

フリーマーケットで探す

次に探す候補にしたいのはフリーマーケットです。週末に公園などで開かれているフリーマーケットが狙い目です。家の中の不要品を出しているようなお母さんならば、子どもが使用して古くなったおもちゃを捨て値同然の価格で出していることも多くあります。子どもがもう飽きてしまったような数年前のキャラクター玩具が特に多く売りに出されていますが、時には家に眠っていたようなものが一般的な中古相場よりもかなり安くでていることもあります。

オークションでジャンク品を買う

オークションでおもちゃを買うと、コレクターや価値を知っている人が出品している場合は高額な値段になりやすいですが、ジャンク扱いというちょっと部品が欠けていたり、汚れがあったりするものは相場よりも数分の一で買うことができます。自分で汚れをとったり、綺麗な部分だけ合わせる技術があれば、ジャンクを集めて、美品同様のものを自分でつくり上げることができます。そうすれば相場よりもかなり安くおもちゃを買ったのと同様になります。

フィギュアの買取はホビーを専門に取り扱うショップだけでなく、リサイクルショップでも行われていることがあります。